スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔を断つ剣パチ組完了

2007.07.30.Mon.00:31
demonbane20070729-2.jpg


ってことで、パチ組完了。
PS2版デモンベインをプレイしつつ、ゲート処理、大きなヒケは金ヤスリで処理、ダボは斜めにカットと全塗装前提のいつもの感じでパチっていたので結構時間かかりました。
400パーツだしね。
でもアーマードコアよりは組みやすいです。

しかしこのキット組み始めと組み終わりで結構印象が変わりました。
まぁ、ディティールに関しては良いんです。
魔術紋様にしたって、表面処理し辛そうだから、半端なカービングモールド入れられるのは辛いし(期待したかった気もしますがw)、
整形色が妙に濁った色なのもパチ組印象としてはNGかな。
だったら、白の部分も劇中ベースでグレーっぽくしちゃって良かった気がします。
また、コトブキヤのキットはわりと毎回な気がするんですが、ボールジョイントの精度が悪い!
はまらず軸折りそうになったこと多数。あまりにもハメコミに力が必要で他の部分が崩壊w
まぁ、これではしっかり処理しないとポリ割れることもありますわ。
また、ポリの受けの部分をガッチリホールドしてないんで、ポリ自体がハメコミに負けて外れたりします。

あんまりな所は自分は関節技Bjに変えてしまうことが多いんですが、今回のデモンベインは

・肩→胴体
・肩→上腕
・下腕→手首
・胸部→腹
・股間→モモ

にボールジョイントが使われてるんで結構イラっときました。
それが原因で細かいパーツが飛んでいったコトも何回かありましたし。
また、これらのBJのストロークなんかがイマイチで上記箇所はほとんど動きません。

まぁ、結局デザイン優先での立体化ですし、自分的にはコイツもプラキットで出たのが奇跡だと思っていますんで構わないですが(どうせ関節弄るしね)、パチの人は価格の割に今回は辛いかなぁと思って辛口に書きました。

demonbane20070729-1.jpg


・・・ま、いじり甲斐があって本音はワクワクしてますw


スポンサーサイト

デモンベイン造形元資料の相違が・・

2007.07.29.Sun.06:14
demonbane20070729.jpg


昨日は早く寝てしまったんで、早起きしてデモンベインのパチ組中。
相変わらずの超絶パーツ割にくらくらしながら肩ブロック完成。
肩ブロックに説明書1P半てどうよw

・・・・ふと気がついたんですが、説明書に2D設定画版と3Dモデル版が掲載されているんですが、今回のプラキットは3D版なんですね。
前回の日記でどうするかなぁとか語っていたボークス版はよく見たら2D版をベースにした立体化。
なんだ、二つとも作る意味あるじゃないですか(^▽^)

・・・ってマジかよorz

コトブキヤのキットを2D風にするのはナンセンス極まりないw(肩形状とか別物だよ。ディティールは別としても)
両足のティマイオス、クリティアスも結構違うし、背面も別物。
うーん。ボークス版は高かったからお蔵入りしなくてすみそうなのはありがたいけど、複雑な気分です(^^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。