とりあえずUP

2006.03.28.Tue.01:57
CORのカブトとザビーです。

バイクはまだ出てないので、オートバジンに乗せてみました・・・・

(^▽^;)

COR_KABUTO_THEBEE.jpg


・・・・まあ、脱げば凄いんですよw

COR_2.jpg


ね?

何もしてないわけではない。

2006.03.27.Mon.00:48
ちまちま作業はしてるんですよ。

メインはソウルゲインのガレージキットの表面処理。
モールド彫りなおしたり、表面やすったり、サフ吹いたり・・

買ったはいいが放置していたフェアリオンを組み立てたり。
R-1のガレキ組み立てたり・・・

そろそろプラスチックが恋しいかもw

カブトも仕上げなきゃなぁ


最近は戯言っぽいのはみんなmixiの方に書いちゃうんで、ついこっちが放置になる。

HTMLタグが使えるんで、模型系の記事にはこっちの方が便利なんだけどねぇ・・・


まぁ、こんな感じで。


仮面ライダーカブト9話【病院で豚汁】

【概略】

カブト敗れる!!
加賀美を救うため、カブトクナイガンを瓦礫に向けて放った隙にライダースティングで襲い掛かるザビー!!

ベルトは破壊され、天道は入院する事態へと・・

しかし、転んでもただでは起きない「天の道」。
女医さんのカウンセリングをして、ベタ惚れされたり、豚汁を作って岬さんをナース服まで着せてストーキングさせたりしちゃいます。

そして、善行故かいつの間にか直ったベルトで変身したカブトを目撃したザビーは、己の欲望にとらわれ、ついにザビーゼクターに見捨てられる!!

ザビーゼクターが次なる資格者に選んだ男は・・・・・・!!

(全部本当)

・・・今回、放映内容自体にギャグが無いっすね。


さて、ライダーベルトは壊されたものの天道が意に介した感じはありません。
まぁ、どうにかなると思ってるんでしょう。あの男はw

実際、どうにかなってしまい(たぶん、ひよりが触ったからだよな)、あっさり戦線復帰です。

ひよりといえば、7年前の回想が入りましたが、イマイチよく分かりません。
まぁ、やっとらしい謎が出てきた感じでしょうか。

矢車くんのパーフェクトハーモニーは早くも馬脚を現し、小物っぷりを発揮した挙句にザビーゼクターに見捨てられます。
今後なんか過去が語られるんでしょうか?

本当に劣化した草加&カイザですな。

さて、いよいよ加賀美君が変身しました。
前回の次回予告であんなシーンがありましたが、
自分的にはどうせまた失敗するんだろうと思ってました。

なんか、組織の暗部を見るきっかけになる様です。
加賀美の苦悩なんかを通じて、矢車君の奇行も説明されるのかもしれん。

もう一つの見所は設定的には初期から明らかにされていた、カブトエクステンダー(バイク)のキャストオフ。
自分は設定知っていたし、キャストオフ後の微妙なスタイルも知ってましたから、「ついにきたか」って感じでしたが、知らなかった人はどう感じたんでしょうw

ちょっと興味があります。

555視聴完了!!

2006.03.21.Tue.00:49
だいぶ時間がたちましたが、555の全てを見終わりました。

終盤は怒涛の展開で、なんか盛り上がってみてましたが・・・

そこであの最終回w

まぁ、いろんな人から聞いてたし、大体分かっていたんで特に言うことは無いんですが、詰め込みすぎなんだなあと。

最終回の木場はやはり555にやられるべきな気がするし、琢磨君も死ぬべきだと思う(オルフェノクの演出としてね)。

海老姉さんと王の状態はアレでいいんだけど、どうしてああなったのか、ぼろぼろなのかも知れないけど、体を完全に残している王を放置して、なにが「幸せ」なのかと。

王の誕生で消えた少年は?

・・・うう。
見たときはそうでもなかったのに愚痴になってしまった。
とっくに終わった番組の愚痴を今頃つらつら書くのもどうかと思うけど・・・。


とりあえず、DVD12、13に収録されていた木場、海道、長田、たっくん、真理、啓太郎のインタビューはそこそこ面白かった。
たっくんの役者さん以外と明るいw

まぁ、色々書いたけど、最終回以外は最高の一品でした。
だから、いまだに言われてるんだろうなあw

復活するかなぁ

2006.03.09.Thu.23:30
祖母の通夜も告別式も終わり、一段落しました。
色々ありましたが、色々お世話になりました。

そろそろ、復活しようかどうか考えています。
ぼちぼち作業はし始めているんで、近いうちに作業系の日記をUPできるかと。

顛末など

2006.03.02.Thu.17:44
先日、停滞宣言をする原因となった祖母が昨日永眠いたしました。

集中治療室に入ってからはいつどうなるのか気が気がでありませんでしたが、楽に逝けたようである意味ホッとしております。

しばらくは、お通夜や告別式などまだまだ忙しい状態ですが、全てが終わったらまたブログの方を復活しようかと思います。

見てくれている人がどれだけいるのか分かりませんが、一応、ご心配くださった方々にお礼を申し上げます。