FG ヴァーチェ 制作記その5

2007.10.30.Tue.23:28
色々あって空気読めない奴とかむかついてますが、頑張って進めます。
オレから模型をとったら・・・まぁいいやw

ではヴァーチェ制作記その5(GNキャノン編)です

【前面】
Virtue20071030-01.jpg

GNキャノン可動ギミック完成。
あとは砲身を引き出し式にすれば完成です。
いきなりかよ!とか言わないでください。
背面をみれば全てわかります。
単純な一軸可動のヒンジを作成しただけです。
ちなみに可動部の幅は4mmです。基本的にプラ板切り出しの現物合わせです。
先日のモールドの方がよほどめんどくさい。


【背面】
Virtue20071030-02.jpg

GNキャノンが付くとやっぱりシルエットが激変していい感じです。
今回からリアスカートも付けました。
こちらも色々加工中です。

【GNキャノン展開】
Virtue20071030-03.jpg

GNキャノンを発射態勢に展開出来ます。
広げるとけっこう目立つので、やっぱり先日のディティールアップはやって良かったなと実感です。

【胸部GNドライブカバー展開】
Virtue20071030-04.jpg

Virtue20071030-05.jpg

GNバズーカを撃つ際に展開するっぽい、胸部GNドライブのカバーを可動化しました。HGではデフォで可動するみたいですが。
とりあえず真鍮線で可動ギミックを作成。
テンションを持たせるための工夫はこれから考えます。

次は、リアアーマーとサイドアーマーです。

FG ヴァーチェ 制作記その4

2007.10.29.Mon.01:33
色々あって忙しいですが、歯を食いしばって進めます。
ヴァーチェ制作記その4です。

とりあえず今回の作業の中心は背部GNキャノン。
GNキャノンのディティールアップをしてみました。
参考は200円ガチャ(シリーズ名失念)
一緒に作っていた友人がくれた物です。

【前面】
Virtue20071028-01.jpg

胴部の接続をより強固なものに。
といっても関節技BJのオスを差し込むための軸受けを作るために1mmプラ板を張っただけw

【背面】
Virtue20071028-02.jpg

GNキャノンの基部を可動させるためにプラ板を駆使して作り直しています。
可動軸はただいま加工中。

【下腕】
Virtue20071028-03.jpg

Virtue20071028-04.jpg

クリスタル部(資料によっては緑なので間違いないかと)を作成するために、くり抜いた後、WAVE社のHアイズと同社のUバーニア丸を組み合わせてクリスタルを作成。
実際光るのは噂のギミックが明かされてからですかね?

【GNキャノン横】
Virtue20071028-05.jpg

今回メインのGNキャノンの一部に凹凸の解釈ミスがあったので修正。
くり抜いて裏からプラ板を張り込み。
この後、1mmプラ板にてモールドを施した部品を入れます。
0.5mm位の段落ちを狙う予定。

【GNキャノン裏】
Virtue20071028-06.jpg

裏面です。
超気合い入れました。これでもw
友人の番ちゃんが「プラ板マスター」の異名を欲しいままにしてるのは知ってる人は知っている事実ですが、負けたくない男の子の気持ちで頑張りました。
ええ、敗北ですorz
ノギスも旋盤もディバイダーも使わずにどうやって精度だすんジャ(`Д´)!
ちなみに自分もデザインナイフと金定規でしたが(´∀`;)。
勝てるわけないかw

そんなこんなで、それなり進んでます。
進んでますよね?

ちなみにアルトは足首をダブルボールにしたいんですが、丁度良い径の物が無くて思案中です。

次回はGNキャノン可動部と、GNバズーカの予定。
グリップの謎は解決したが、どうやって仕込むかなぁ。
ある程度は考えまとまってるんだけどね。


P.S.
しかし・・時間と充実感は自ら作るものだと、最近リアルに感じるなぁ。
与えられるものではないんですよね。

そしてソレをオレが行使するために支えてくれる仲間達に感謝。
色々大変だろうに。
今は頻繁に飲みに行くことの出来ない方々。
時間が合えば今一度会って語り合いましょう。オレも少しは大人になりました。

ディバインウォーズDVDオマケアルトアイゼン改造

2007.10.27.Sat.03:10
omake_alt_20071026.jpg


というわけで、なんか無駄に忙しくてヴァーチェを全然弄ってないわけですが、本日SRWOGディバインウォーズの最終巻DVDが届いたので、オマケのアルトアイゼンをGET。
空いた時間を使って弄ってみました。

・肩が開かない→関節に関節技を仕込み、可動範囲UP
・胴が短い(ま、好みなんですがね)→2mmプラ板で延長

後はパーティングラインを削り取ったりアルテコ盛ってゲート跡つぶしたりって感じですか。

「ながら作業」だったんで、まだ満足いってるわけではないですが、まぁ良い感じになったかな。
小スケール過ぎるんで、顔は弄らない事にしましょう。気にはなりますが。

明日も仕事ー(TT)

FG ヴァーチェ 制作記その3

2007.10.24.Wed.00:08
Virtue20071023-01.jpg

色々あって停滞しがちですが続けております。
ヴァーチェ製作。

今回はGNキャノンのはずだったんですが、ちょっと気力が続かなかったんで、手首の組み込み&首の簡易延長など簡単なところを

Virtue20071023-02.jpg

上の写真が全てなんですが、手首を関節技で可動にしつつ、WAVEのUバーニアフラットで手首カバーを作成してます。
GNバズーカを構える手前クリアランスをきっちり取ろうと大きめに開口したんですが、ちょっとやりすぎたかも。後でリカバリします。

もう一つはFGエクシアと同じ首の延長。デザイン上このくらい埋もれてててもカッコイイんだけど、顎を引くことも出来ないのは寂しいと思い、関節技を使用して延長しました。
といっても、首関節ポリの上部ボールを切り飛ばし、関節技小のオスを差し込み。首側のボール受けを少し削って、関節技小のメスを仕込みんだだけです。

明日はGNバズーカとキャノンに着手したいトコですが、何とも言えないかも。

ところでやっぱり謎のGNバズーカのグリップ。
イラストによって右グリップとセンターグリップの位置がコロコロ変わります。
3本説あり、2本説あり、片手持ち時のグリップもセンターあり、右あり。
まさかグリップ取り外し式?
よく分かりません。
バズーカ自体の詳細設定画では左右にしか無いみたいですが・・・。
HGはスライドギミックがどうたらあるんで、やはり複雑にずれるのか??

高機動型ビルトビルガー パチ組

2007.10.21.Sun.22:37
HiVirger_02.jpg

HiVirger_01.jpg

HiVirger_0.jpg


ということで、ビルトビルガー高機動型(別名マ改造前Ver)です。

またまたパチ組ですが。

今回は結構楽しかったですよ~
コトブキヤ初のABS導入。
(11/20修正 コマンドウルフには既に使われていたようです)

形状に大きな差異があるとはいえ、既にカラバリ合わせて2回もキット化しているキットを完全新規でどう料理するかと思えば。

重装型ビルガーと比較して様々な所がかなり進化しています。
色分けは個人的にはどうでも良い部分ですが、

・肩ボール可動(しかも今までのキットより色々考えてるのか良く動きます)

・腰BJ可動。しかもBJの受けの挟み込みも今までより考えられています。

・モモを軸可動の組み合わせにすることにより可動範囲拡大。
コトブキヤ独特のBJの接続も無く、カッコイイポーズが簡単にとれます。
・ABS使用による腰アーマーやスタッグビートルクラッシャーの簡単ながら、スムーズな可動&組み立てやすさ。

・空飛ぶのを前提とした機体だからか、凝った足首可動(横可動が甘い所がコトブキヤらしいかw)

などなど、焼き直し機体の言わず是非一度手にとって完成させてみて欲しいキットです。
個人的には、重装型とニコイチして、現在の技術の重装型ビルガーを作りたいですね。

HGエクシアといい、HGユニオンフラッグといい、この高機動型ビルガーといい、ただ組んでいるだけで楽しめるキットが増えてきました。
うれしいことです。たぶんw
ただ、なかなか完成しなくなるのがタマに傷です。

ちなみにヴァーチェはあるところに置いてきてしまい、本日は作業出来ませんでした。
明日回収したら作業再開します。

ユニオンフラッグ購入

2007.10.19.Fri.00:01
union_f_20071018.jpg

union_f_20071018-02.jpg

ヴァーチェも途中のまま、昨日は同僚達と飲み会。
見事に終電を逃し朝までカラオケでした。
幸い睡眠時間はとれたんで、まぁそこまで衰弱してませんが。

ということで(?)本日発売のHGユニオンフラッグを購入。
パチ組しました。

このユニオンフラッグ初見は、「こんなのMSじゃねぇ」とか思ってたんですけど、2話最後のグラハムの乗った量産機の動きを見て一目惚れ。

最近、スタンダードなガンプラに少し飽きていたので(なんでFGやコトブキヤのスパロボなんですね)、格好良かったし、構成も面白いかもと思って購入しました。
面白いキットなんですが、ポリキャップレスで、全部ABS関節&挟み込みなのはやっかいな感じです。

マスキングしながら組むことを想定に入れるべきかも知れませんね。
航空機的なアプローチを要求する機体な気がするんで、真剣に組むなら、色々塗装やディティールに凝ってみるのがいいのかも。
モデルグラフィックス当たりがやってくれそうなネタですが。

ちなみに自分の周りはティエレン派が圧倒的に多いです。


さてさて色々ありましたが明日からはヴァーチェ再開です。
気を抜くと飽きてしまいますからね。

FG ヴァーチェ 制作記その2

2007.10.17.Wed.00:57
ヴァーチェ製作記その2です。
今回は
【ボディの改造部分の整形】
【肩アーマーの後ハメ】
【無理矢理ロールラインを作らなくてもロールは出来ますよ】
です(長w)

【正面】
Virtue20071016-01.jpg

とりあえず組上げて見ました。
胴部サイドの部分の正面から見える部分をポリパテで埋め、前回切り離した後、ポリパテを盛った部分を整形です。
腰と胴部の接続はホビーベース製の関節技BJグレーの中です。

【肩~腕構造】
Virtue20071016-02.jpg

肩アーマの道側接続部にプラ板を貼り、2.9mmの穴を開口。
二の腕のパーツの上部をくりぬき、垂直に2.9mmの穴を開口します。
で、この間を球体ジョイントの小で接続します。
形状的に関節ブロックに見えますし、肩アーマーを付けるとほとんど見えないのでお勧めです。
たぶんHGは無理矢理分割ラインを作るんでしょうw

また、肩の下面が肉厚過ぎてロールのクリアランスが無いので、うすうす攻撃をして、肉厚をへらします。

これで、横ロール用のラインが無い機体でもある程度までの横ロールが可能になります。副次効果として、BJ接続のため平行に上がらなかった肩が平行に近い位置まで上がります。
くりぬきはめんどくさいですが、それ以外は割と簡単な工作です。

オススメ。

【胴部関節技組み込み中】
Virtue20071016-03.jpg

切り離した胸部と胴下部&腰を関節技BJで接続します。
関節技の受けが生えてるのはプラ板ブロックで、これが腰にそのまま接着されます。クリアランスがタイトなので、引き出し式BJ関節にするつもりです。

【背面】
Virtue20071016-04.jpg

腰アーマーを全て切り離しています。
理由のほとんどは塗りにくいからと、肉抜き穴を埋めるのがしんどいからです、特に大胆な可動とかを考えている訳ではありません。

今回はこんな感じ。
バラバラにしたわりには順調でしょうか。

次は、手首接続と、背面のGNキャノンのアームの可動を仕込みます。

FG ヴァーチェ 制作記その1

2007.10.15.Mon.00:52
結局始めました。

Virtue20071014-01.jpg


どう考えてもこれは塗れないだろってトコと、肉抜き穴埋めをメインに作業中です。
背面のGNキャノン(でいいのかな?)は可動工作入れます。
まぁ一軸可動ですし。

あとは肘上のロールですか。容赦なくぶった切ってロール位置を作るつもりです。どうせHGもそうでしょうしw
見栄えを重視するなら、二の腕をカバー扱いして球体型の肩ブロックを仕込むというのもありかも。

Virtue20071014-02.jpg

とりあえず、胸をクリアにしてしまいましたw
トップの写真で光ってるのはとりあえず下に置いてるだけのLEDです。
球体は10mm級をヒートプレスで。

あとはポリパテ乾燥待ち&肉抜き穴埋めのプラ板の乾燥待ちです。

FGヴァーチェ製作開始・・・かも

2007.10.14.Sun.01:18
10061065.jpg


ダブルオー2話視聴。
良い感じですね。メカ戦が多めだと喜ぶだけですがw
SEEDより戦闘シーンも好きです。格闘メインだしね。

ユニオンフラッグが格好良かったのは意外だったなぁ。

てなわけで・・・FG製作第二弾。
異色なガンダムヴァーチェの製作を始めてみました。
HGエクシア作りたかったような気もしますが、ちょっと同じ機体を弄るのは辛いわw

とりあえず塗りやすそうな機体&00ガンダムズを友人達と作るみたいな企画になってるし、後は自分がヴァーチェ作ればOKだから。

まぁ正直どこまで続くか分かりませんが。

とりあえず塗りやすくするため、ボディをばらしてみました。

Virtue20071013.jpg


こういうコトすると、進まなくなるんだけどね(^^;)。

ところで、GNバズーカの両手持ちを見て以来、バズーカのグリップ位置がイマイチ良く分からないですが・・。
どっかに資料ありましたっけ?

ガンダム00 FGエクシア完成

2007.10.07.Sun.23:34
ということでようやく完成しました。
exia_top.jpg


いやー本当にマスキング地獄でしたorz
ぶっちゃけ、仕上げに満足してないトコもあります。
HGでリベンジですね。
自分的には今の所エクシア以外はピンと来る機体がいないんで、HGエクシア以外は購入も製作も予定がないんですが、まぁ次週以降の放映次第ですからね。
動くのを見ちゃうと興味がでるのは毎度の事ですし。

まあ・・・無数のストックを考えると興味出ない方が良いのかも知れませんがw

いつものごとく、細かい写真と解説はこちら。

続きを読む "ガンダム00 FGエクシア完成"

ガンダム00 エクシア デカール貼り付け

2007.10.07.Sun.02:13
ついに始まりましたね、ガンダム00。

正直な感想は今風のメカが出てくるガンダムウィングでしょうか。
つうか、冒頭の羽生えたRX-78はなんだw

見た感じ、SEEDより設定に縛られなさそうなんで、今日のデカール貼りのモチベーションアップにはなりました。

コーラサワーは生き延びることが出来るキャラなんだろうか・・・
なんかジェリド+お笑い芸人な感じ。


さて。
ということでエクシアデカール貼り終了です。
最初はコーション類だけですまして、すっきりとか考えてたんですが、
まぁ・・・なんつうか好き勝手やっちゃったw

exia_20071007.jpg


明日はいよいよフラットコートの予定。
マスキング地獄でリタッチだらけの作品になってしまいましたが、結構お気に入りの作品になりそうです。
良い物だとは思うんだけど、HGが来週出てしまう今、人には勧めづらいのも確か。
GNドライブの暴走で、全身光ったりすれば、それはそれで良い素材になるかもね。

オマケ:
アルトアイゼンを今の技術で編
胸部の大幅な阻増し&肩センサーの設定画ベースへの改修。
センサーを切断しないで、可動範囲アップ。
クレイモアの大型化。
なんかが課題です。

alt2_20071006.jpg



次はダイゼンガーですが、なんかどうしても弄りたくなっちゃったんでw

ガンダム00 エクシア塗装終盤

2007.10.03.Wed.01:52
呪いの様な記事を書いた翌日・・・スーパーで買い物しようと入ったら、入り口のツルツルの床で滑り転倒。
また腰を痛めましたorz
幸い打ち身だったようで、大事には至らないよう。

呪われてるなあ。
そんなこんなで大事をとって(つうか痛くて起きあがれなかった)お休みをいただきました。
関係各位の方々申し訳ない。

本日は、監視業務があったので、遅くなりましたが、
残っていた墨入れを小一時間作業しました。
大事に至らなかったとはいえ、心配なので、気合いのいるデカールやエアブラシを使うフラットコートは後ほど。

今週中にはなんとかしないと、来週HG発売ですからね。
そういや、ガンダム00は今週からか。

exia_20071002.jpg

写真は一通り墨入れを行った状態。
まだグロス状態なんですが・・・なんかコレもいいなぁ。
いや半艶コートしますが。