スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダーボルトジムアップ

2015.05.30.Sat.16:17
サンダーボルトジム撮影完了しましたー
なんとか5月中の完成&発表にギリギリセーフです(^^;)

今回のテーマはずばり汚しですね。
自分的に比較的模型に意欲がなくなっていた時期に突然発表されたこのサンダーボルトシリーズ
今までと風変わりなデザインや構成に心引かれて、発売日に買い割りと早めにパチった記憶があります。
このあたりからtwitterで模型系の方を探して拝見させていただくようになり、
じょじょに復帰の意思が固まっていきました。
なんで、実は今回の復帰のきっかけを作ってくれたキットなんですね。
復帰一作目がジムだったのも、こいつを作りたかったけどまだ無理。せめてジムを・・・という思いが
若干ありました。

リハビリめいた連作(だんだん熱が入って手が込み始めてますがw)も気分的に一段落していよいよ
このキットを仕上げてやろうと決意したのです・・

さて、誰もが同じ思いかはわからないのですが、やはりサンダーボルト版の期待というと汚しが似合うと
いうイメージがあります。昨今のきれいに仕上げる風潮の中サンダーボルト系はほとんどがキツめにウェザリング
をかけてるイメージがありますし、実にしっくりきます。
ということで、今回は改造的なことは控えて塗装で遊ぶという方向で仕上げております。
自分の近年の作品の中ではピカイチに汚い漢らしい素敵なジムをご覧ください。

【サブアーム展開前】
劇中であまり出番の無いサブアームの展開前状態です。
これだと普通にMSVの一種類にも見えますね。
今回は特殊な工作はほとんどなく、スネのアポジモーター16基を削り取り、メタルパーツに変えたくらいです。
合わせ目消しが以外とめんどくさかったのと、色分けが多くてマスキング地獄だった記憶が強いです。
なので、塗り終わった後汚すのは一瞬ためらいました・・・w

CGOsuCGVAAAF5Cu.jpgCGOsuCMUkAA0kF-.jpg

【サブアーム展開後】
CGOsuCSVIAEEmtL.jpgCGOs9w6VIAIbiLR.jpgCGOs996UIAAWtH1.jpg

【浮かしてみました】
久しぶりに撮影時にスタンドを使って浮かせて見ました。
空間戦闘しかしてない機体ですからやはり飛んでいる姿が似合います。
一枚目はサンダーボルト版を象徴しているイメージでお気に入りです。

CGOtn-mU8AA8mhV.jpgCGOtn-QUIAASycN.jpgCGOtn3-U8AAmtGk.jpg


スポンサーサイト

ザク進捗

2015.05.23.Sat.11:06
サンダーボルト版ジムの写真をなかなか撮れていないんですが、
実は完成直後早々にザクの作業を始めてしまいまして・・・

CFLJcn6UEAAtMT8.jpg
メタルパイプのフィッティングをしたり・・・

CFibuehUkAAvtm-.jpgCFnbxaGUkAAkGZd.jpg
モールド間引いたり、スジボリ入れたり、肘のマルイチ調整したり・・・

熱が入ってしまいました(^▽^;)

日曜くらいにはジムの写真を撮ります(^^)


サンダーボルト版GM 仮アップ

2015.05.14.Thu.10:51
サンダーボルト版ジム完成しました。
週末にはきちんと撮影してアップする予定です。

HGTHGM20150513.jpg
次回作はザクで

グフ 改造詳細

2015.05.05.Tue.11:10

MS072016.jpg

ちょっと時間が経ってしまったのですが、twitterで質問を受けたHG グフR35改造の詳細です。
といってもたいしたことかけないんですけど・・・(^^;)

完成品はこちら

【スネのコンバート】
まず一番はスネから下でしょう。
作業前に色々Webで調べたところ、HGUCのグフを使ったパターンとグフカスタムを使ったパターンがありましたが、
グフカスタムを使うと、形状変更作業が結構ありそうでしたので、自分の作例ではHGUCグフを選択しました。

1.HGUCのグフのスネの内側の上の方は全て削り取ります。
2.R35のひざを使うため、ひざ部分も切り取ってしまいます。
MS07-kezuri.jpg

3.WAVEから発売されているプラサポPC03を3mm棒(ランナーでOK)を使いグフのダボの図の箇所にセットします
(図の四角いR35の8番ポリキャップをセットできる幅になる様に調整します。)
12932.jpg

※張り合わせた際に固定できる用に調整してください。自分はダボの部分を削ったりもしました。
膝と足首用に両方ともセットしてください。径に関しては画像の通りでどちらも同じ3mm用で問題ありません。
足首と膝で必要な長さが違いますので注意してください。
PC03SET-MS07.jpg
4.足首関節とスネをつなぐためのパーツを作成
足首関節は画像ではR35のものを改造していますが、自分は最終的に
プラサポと関節技BJを利用した専用のものを作成しました。これフィッティングをしたかったからなので、
画像の通りR35のものを改造しても問題はないかと思います。

B_6K6rGUMAIJfhV.jpgCB1L0B_UMAACrW4.jpgCA30javWAAAouRV.jpg

とりあえずこんな感じになります。

ちなみにグフR35のソールパーツは良くできているのですが、高機動ザクをイメージしたのか若干細くて
自分好みではありません(ソールの真ん中もせっかくパーツ分割されているのに横ロールしませんし)
ですので、この後HGUCグフカスタムの物とコンバートしています。
HGUC ザクF2も全く同じパーツですのでどちらを使っても形状に差異はありません。
ボールジョイントの径もR35、グフカスタム共に同じです。

CA9Xr1SVEAAgj1O.jpg

【頭部】
頭のモノアイ部を新造しました。エバーグリーンのパイプとホビーベースのプラストライプ、
ハイキューパーツさんのルミドーム 蛍光ピンク、HIQ SPプレート2 [SPP20-V2 2.0mm 3個入り]を使っています。

また、上下の分割箇所を変更してもともとあるラインに沿った分割に変更しています。
CBUGPB_VEAA7CVW.jpg

【モモの後ハメ】
モモはグフのデザイン上スジボリでどうにかというのは難しかったので、
後ハメをしています。
画像の通り
CAHUrTjUYAA0ZY5.jpg

あとはご存知の通り動力パイプをメタルパーツとスプリングにコンバートしたり、
スジボリの追加を行ったり、腕とシールドの接続をネオジム磁石に変更したり

あ、画像がないのですが、R35のシールドはそのままではR35の腕に付きませんので、
HGUCのグフよりシールド裏のパーツを移植しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。