仮面ライダーカブトFINAL レビュー

2007.01.22.Mon.00:18
kabuto49_3.jpg

kabuto49_2.jpg



カブト破れる!?

三島と根岸はネックレスを利用した全人類ネイティブ化計画を
進める。

そのころ、天道から言付けられた手紙を見て、真実を知った加賀美は、
根岸、三島らのもとへ向かう。
人間など必要ない。ネイティブだけでいいと嘯く根岸。

加賀美はガタックになり奮戦するが、最強のネイティブとなった
三島の前に敗れ去る。

・・・しかしそこへ天道が現われる!


最強のグリラスワームに苦戦する天道。
加賀美を力を振り絞りガタックへと変身する。
ハイパーフォームでのパーフェクトゼクターによるマキシマムハイパーサイクロンすら
退けるグリラスワームだが、一瞬の間隙を縫ったガタックのガタックカリバーによってひるんだところを
カブト、ガタックのダブルライダーキックにより、ついに殲滅した。

ネイティブの本性を現した根岸もダークカブトによって灰燼と帰し、世界からワームの恐怖はなくなった。

一年後、
サルにてシェフとして腕を振るうひより、
ソバ屋の出前をする田所、そして剣のコトを今も思い、
レストラン「ディスカビル。コーポレーション」を立ち上げた岬、
そして平和な生活を取り戻した風間とゴン。

こども達にすかれる警官へと就職した加賀美がいた。

みな、平和な世界でそれぞれの人生を歩み始めたのだ。

そして天道は・・・・

フランス凱旋門前にてボウルに豆腐を入れ、作務衣で歩む男。

そして嘯く

「おばあちゃんが言っていた。俺は天の道を往き、総てを司る男、天道総司だ」



ってことで、完結しました!仮面ライダーカブト。

ダブルライダーキックで止めは格好いいんですが、予算を使い切ったのか、
クロックアップもハイパークロックアップもなかったのはラストバトルとしては
不満ですねぇ。
ストーリーについては、なんかもうグダグダな気もしますが、とりあえず終わらせることは
出来たって感じでしょうか?
なんだかんだと一年間楽しませてもらったんで、深くは追求しません。

そういや劇場版ライダーの織田と大和がちょい役で出てましたね。
どっかで誰かが言ってましたが、映画と違うこの世界では二人は親友だったりしたんでしょうか?
ちょっと面白いかもしれませんね。

ま、疑問な部分も残ってますが、まぁ、最終回らしい体裁は整ってたんじゃないでしょうか?
それぞれのメンツも基本的には幸せに成ってるみたいですし。

つうか天道はなにをやってるんだw


ふと、人間に戻るゼクトルーパーネイティブを見て、田所さんも実験の末成った人工ネイティブだったり
したんでしょうか?
後付でそうなりそうな気もしますw

ホッパーズはどうなったんでしょう?
やはり弟を失いながらも、彼は白夜を求めて旅にでたんでしょうか?

結局、ネイティブはワームなんでしょう(当たり前だが)。
根岸は同族扱いしてましたよね?

先週思ったんですが、ワームはネイティブの実験によって誕生した戦闘型の改造体な気がします。

まあ、他にも色々語りたいことはあるんですが、とりあえず終了。
なにはともあれ、一年間楽しいお話をありがとうカブト。

電王には違う意味で期待してますw


あ、GODSPEEDLOVEのDVD届きました。
これから視聴~。

コメント
>ストーリーについては、なんかもうグダグダ
 やっぱそう思いました?まぁ盛り上げるだけ盛り上げて落とした響鬼よりは数段マシですがw。
 もうちょっとネイティブとの絡みを丁寧にすると良かったですよね。
 多分根岸さんは当初人間と共存すべく努力したみたいですから其の辺の心情を語らせるとか。
 
 個々のパーツは良かっただけに駆け足なまとめになったのは残念です。
 ちなみに最近仮面ライダークウガを見直してますが、戦闘シーンのカタルシスには欠けるもののストレートな人間賛歌と丁寧かつ着実なストーリー展開は、実は平成最高?とうならせる出来栄えです。機会があったら見てみてください。
ましだったっと思うよ?
最悪、三島倒して、「俺は天の道・・」
って終わりかねないと思ってたからw

クウガはねぇ、若手刑事さんが自分の知り合いのプチ知り合いだったんで、少し見たんだけど、当時はライダー辛くてねぇ。

今だったら見れるかも。
ファイズのおかげだなぁ

管理者にだけ表示を許可する