スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣・魂・一・擲 その8

2007.08.29.Wed.00:30
昨日の作業はおおむね完了。
ちょいとモモも伸び、腰アーマの短縮も良い感じに抑えられ、実に自分好みのプロポーションになりました。
これで確定です。

dygenguar20070828.jpg


球体ジョイントの仕込みはこんな感じです。

dygenguar20070828-02.jpg


一軸可動の組み合わせはボールジョイント可動より広い可動範囲を誇りますのでお勧めです。
関節技も保持力、可動範囲においてかなり優秀なんですが(切り欠きとホールド力が良い感じに両立してる。ポリだとああはいかないんだよね)、いかんせん場所によっては仕込むスペースが無かったりします。

そんな時かなりお勧めですね。
カラバリもガンガン出して欲しいとこですが、一応プライマーを塗れば塗装に耐えるようです。可動のために塗装がすれる箇所もないですし。

あ、欠点が一つ。コイツの軸は3mmではなく2.9mmです。
3mmドリルで空けた穴にはキッチリホールドしませんのでご注意を。
まぁ、ビニールとかはさんで対応できますがね。
コメント
クローズアップす
クローズアップするの?

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。