スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無限のフロンティア版ナハトその1

2008.06.08.Sun.22:06
MF_nahato20080608-001


画像は相変わらず消えたままですが(新しくアップしたのは平気らしい)、無視してナハト製作開始です。
これは去年コトブキヤより発売された夜間迷彩のカラーバリエーションではなく、
最近DSで発売された「無限のフロンティア」に出てくる別機体です。

ゲーム中では諸事情により3m程の自立ロボットですが、実はこの機体OGSのOG2の導入部に
出てきた向こう側の世界においての特殊部隊ベーオウルブスの旗機であるゲシュペンストMk-III
らしいんです。

たしかに、SDでも確認できた、四つ目に見える額のディティールとか、リーゼともアルトとも違うクレイモアの形状が合致します。

あのOGSのオープニングではどうみてもベーオウルブズのリーダーのキョウスケはアインストに
よって洗脳(変化?)している様にしか見えず、GBA版のユーザーには驚愕でした。
今回無限のフロンティアについてる初回版の限定サントラにはドラマパートとして、ゲームでは
フェードアウトしてしまったアクセル+ソウルゲインと、ベーオウルブズの戦いが収録されてます。
なぜ、このゲームにってのはゲームをやってのお楽しみってことで。

MF_nahato20080608-002
MF_nahato20080608-003


似たような写真ばかりですが(^^;)

とりあえず今回は、以前ちょこっと掲載した二作目のアルトアイゼン(作りかけ)と同じアプローチで、
胸部の前後幅を幅増しする所からスタートしました。

肩のセンサー(?)も設定画の形状に作り直しです。

胸部のダクトの形状もだいぶ変わり、ダクトにつながるラインも大きく変わってるので、元のダクトを
接着して、面構成を変更してます。
また、元キットの胸部は少々幅広に感じていたので、両端を1mmづつ削り、またダクトの先端へと
向かっての先細るように角度をつけています。

頭部は印象的にはほとんど変化が無いんですが、だいぶ元と異なるので、プラ板やディティールアップパーツを使用して、変更しています。
一番変化があるのは額の黒い部分で、中心部が伸び、両脇は青い部分が増え、前述した目の様なモールドが増えているので、ライン通りに両端の青くなる部分をカットして面構成を変更してます。
とりあえず、ここは接着剤の乾燥待ちなんでここまで。

なかなか修羅の道ですが、大好きな機体なんで作ってて楽しいですね。


コメント
オープニングって
オープニングって…なんだろう…?

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。